子どもの体験・学び応援モデル事業
(「みらいハッ!ケン」プロジェクト)

「みらいハッ!ケン」プロジェクトの理念

長野オリンピックでは、「子どもたちの参加」の理念を掲げ、当時の子どもたちは大会の観戦や選手との交流、一校一国運動など、本物の体験を通じて多くのことを学び、それが子どもの成長や、生き方・考え方にもプラスの影響を生んできたと感じています。

こうした子どもの成長につながる上質な体験や学びの機会を、形を変えて現在において提供することは、オリンピックを開催した長野市らしい支援の在り方であり、未来に向け「人を育てる」取組を推進するため「子どもの体験・学び応援のモデル事業(「みらいハッ!ケン」プロジェクト)」を実施します。

事業の概要

「みらいハッ!ケン」プロジェクトとは、市内小中学生の皆さんを対象に、スポーツや文化芸術、自然体験、各種教室などの参加費、入会費、月謝等に利用することができるポイント、”ハッ!ケンポイント”を付与するプロジェクトです。

ポイントを活用し、子どもたちがプログラムを通じて自分の好きな活動を見つけ、自己肯定感を育みながら成長できる環境を提供します。

詳細は下記URLをご確認ください。