明徳寺大杉保存会

活動の目的・活動を始めた理由

古くから明徳寺薬師如来のご神木として崇敬され、大切に保存されてきた明徳寺の大杉が、近年その衰弱が甚だしく、枝枯れが目立ち始めたので、樹勢の回復をはかり、将来にわたり繁茂し続けるための適切な手当、管理を実施し、後世に伝えんと設立された会である。

活動内容

  • 大杉周囲の雑草除去と清掃
  • 大杉周辺への注水
  • 大杉及び周辺の雑木の手入

団体の概要

明徳寺大杉保存会

1996年3月

〒389-0812 長野県千曲市大字羽尾1333

026-275-0794

まちづくり

前の記事

I’PO(いっぽ)
子育て

次の記事

カンナの会